宅建の合理的な攻略法

宅建合格は、一定以上の「学習量」が大前提になります。

「合格への最短距離を歩む」の意味

宅建攻略の具体的な方法をお話しする前に、理解しておいて頂きたいことがあります。
当たり前のことですが、それは「楽々合格できる勉強法はどこにもない」ということです。

『合格への最短距離を歩む』ということは、出来るだけムダのない勉強法を知り、その合理性に沿って努力をすることです。
なにか試験の答えのようなものを丸暗記して、ほとんど勉強しなくて合格できるというような美味い話は決してないのです。そのようなアドバイスをするサイトは、詐欺まがいのものです。どんなに効率的な勉強法を選んだとしても、宅建試験の攻略には、やはり何百時間かの試験対策が必要だということを、いまここで踏まえておいてください。

どんなにクオリティーの高い教材でも、それを消化する努力がないと力はつきません。
どんなに優れた講師の講義だとしても、教室で眠っていたのでは収穫はゼロです。

なぜこんな当たり前の話をするかといえば、宅建に不合格になる人の大半は、勉強量がまったく足りていないからです。

独学で合格をめざすと勉強時間が膨大にかかってしまう。そのことは本当です。
だから勉強時間を短縮するために通信講座や予備校を利用する。
その考え方も、まったく正しいのです。
でも、効率的な勉強法を手に入れただけで合格できるわけではないのです。

毎年15万人を超える不合格者。
そのなかには、独学で勉強した人だけでなく、通信講座や予備校の利用者も無数にいます。
資格の名門校に通っても宅建すら合格できない人。失礼ですが、そういう人は大抵、満足な勉強をしていない人たちです。

「学習量」に対する考え方に甘さがあると、
どんなによい学習環境があっても合格できません。

たとえば3ヶ月、半年。これから宅建の試験攻略に向かうみなさんは、これまでの生活習慣を変えなければなります。
平たく言いますと、お酒を飲む、好きな番組を見るなどを我慢して、その時間を宅建の勉強に充てる必要があるということです。

自分のやりたい事を我慢できなければ、勉強時間は捻出できません。
そして一定量の勉強時間があってはじめて、効率的な学習法が身を結びます。

『宅建攻略法を学び、可能なかぎり努力をして合格を勝ち取る』
そんな心持ちで、日々を乗り切っていきましょう。

<TOPIC>合格率全国平均4.34倍の通信講座情報はこちら!
http://www.foresight.jp/takken/