宅建の合理的な攻略法

独学には、非効率になってしまう理由があります。

独学か?通信か?通学か?

超難関でもなく、かといって簡単に取得できるわけではない宅建試験。
勉強法として、『独学か?通信か?通学か?』を迷われる方は多いと思います。
そしてこの「問い」についての最も適した答えは、「人それぞれ」ということになると思います。

しかし管理人としてはやはり、独学だけはお薦めしません。

独学とは、お話しするまでもなく、市販のテキストや問題集のみで勉強することです。
学習内容の1から10まですべてを独力で解決する独学は、主観的には、最も興味を持って勉強できるスタイルかもしれません。だから勉強していて楽しいとは思います。
しかしそれは、「効率的な宅建攻略法」という当サイトの趣旨からは、最もかけ離れたスタイルです。

宅建の勉強を楽しみながら進める気持ちはもちろん大切です。
しかし、みなさんにとって肝心なのは試験を突破することのはずです。
どんなに勉強をしても合格できなければ意味はないわけです。

確実に1回の試験で合格するためには、
◎なるべく回り道をしないで理解すること(教えてもらうこと)→講義メディア
◎試験対策の進捗状況を客観的にチェックしてもらうこと→フォロー体制
などの条件が整った学習法が、断然、近道なのです。

『合格への最短距離を歩む』とは、決して楽をすること、ショートカットをするということではないのです。最短距離とは、ムダやロスを省いた学習法を取り入れることに他なりません。

独学では、必然的に扱う情報量が増えます。

市販のテキストの情報量は、通信等のテキストに比べ、必然的に量が多くなります。
その理由はシンプルです。通信講座や予備校で講師が解説する内容を、市販のテキストでは文字で補わなければならないからです。
もちろん教室で講師が教える量をすべて盛り込むわけにはいきませんが、それでも法令条文は、プロの解説がないと解釈しにくいものがたくさんあります。
通信や通学での学習のように、速やかな理解が期待できず、なおかつ扱う情報量だけが膨大になってしまうのが独学の現実です。

これでは人一倍勉強したとしても、
成果はそんなに期待できません。
「宅建攻略」のために、ぜひ合理的な視点を持つようにしてください。

<TOPIC>合格率全国平均4.34倍の通信講座情報はこちら!
http://www.foresight.jp/takken/