宅建の合理的な攻略法

通信講座の学習では、講義の受けか方を自由自在に調整できます。

宅建を通信講座で攻略する

通信講座を利用した学習スタイルは、
・宅建のことを初めて勉強する方
・基礎知識を専門家に教わりながら勉強したい方
・勉強時間がとりにくい方

に非常に適しています。
通信講座なら、時間と場所を問わずどこでも勉強できますし、
今日の通信講座には、教室授業(通学)に決して引けをとらない講義メディアが提供されています。

余談になりますが、最近では100%映像授業のみで、講座を開講している通学校も決して少なくありません。管理人は決して映像授業の効果を否定するものではありませんが(当然ながら肯定しています)、昨今のネット社会において、学校へ通学してまで収録された授業を聞くという勉強スタイルには、不合理さを禁じえません。

通信講座の教材には、具体的には自宅でも講義が視聴できるDVDや音声講義のCD、
また、インターネットでの学習システムであるe-ランニングなどが付いています。

そしてこれらのメディアを使った学習は融通性に富んでいます。
1時間の授業を朝夜2回にわけて視聴することもできますし、
1日に、1コマ、2コマ、3コマと連続講義を受けることも、
同じ講義を1日に2回繰り返して視聴するなど、講義の受け方が自由自在です。

たとえばDVD+ノートパソコンという学習環境なら、それこそ勉強場所を選びません。自宅、職場、学校、コーヒーショップなど、いろんな空間が教室になります。
音声だけの利用なら、職場への往復の電車内ほか、移動の時間も、講義の視聴に充てることができます。

しかし、ただ通信講座を受講したというだけでは宅建には合格できません。
しっかりと勉強する事は大前提として、その前に、どの通信講座を選ぶかが重要なポイントになってきます。

通信講座業界は急成長しているのは事実です。
とはいえ資格の専門学校に比べるとまだ歴史が浅い点は否定できす、
企業によって、提供するサービスの質にかなりの差があるのです。

通信講座選びをまちがえると、
ここまでお話ししてきたような学習効果は期待できません。
下手をすると、独学をするのと対して効果がない、という結果にもなりかねません。

次のページで、よい通信講座選びのガイドラインを解説します。
ぜひ、読み薦めてみてください。

<TOPIC>合格率全国平均4.34倍の通信講座情報はこちら!
http://www.foresight.jp/takken/